カテゴリ:稲( 4 )

2012年 08月 26日
富草の花
稲の花がたくさん咲いているのをみた
この田んぼはもうどの穂にも花がついていた

稲の花は初秋の季語
富草の花と呼ばれるそうだ

f0217886_2063110.jpg

[PR]

by brompton_2006 | 2012-08-26 20:07 |
2012年 08月 23日
処暑
今日から処暑
暑さもすこし、やわらぐだろうか

稲の花
朝はまだこんなにちいさくなっている
お昼前にはこれが延びて花を開かせる

f0217886_8582417.jpg

[PR]

by brompton_2006 | 2012-08-23 08:58 |
2012年 08月 22日
稲の花
稲の花が咲いていた
朝にはまだ稲の茎にくっついた姿だったが
昼前に見ると足がついたようになって
花が咲いていた

もうすぐ二百十日
このころに台風がくるので
農家の方にとっては
心配の種になるという

この花が散ってしまうと
実はできなくなるのだから

f0217886_13584865.jpg

[PR]

by brompton_2006 | 2012-08-22 14:00 |
2012年 07月 25日
田植えから一月すぎて
f0217886_12314646.jpg
f0217886_12314171.jpg


6月初旬に田植えがおわった
それから一月半がたつ
稲はずいぶん育っている
水もだんだんとなくなってきている

少し高台の田んぼに行く

「この辺はまだまだ田舎が残っとるやろ」
「ここの水は下からポンプで上げとんねん」
「40馬力と50馬力の二台で地下水を送ってきとるねん」

下の田んぼに行く

「水は日照りで自然に枯れて行くわ」
「ここの水はその上の池からきとる」
「粘土質や砂地の田んぼがあるから、それぞれ工夫が必要なんや」
「粘土質は水持ちがええから肥料が行きわたるけど砂地やとすぐ水がひくから肥料の量を調節すんねん」
「草の種が流れてきて、いっぱい生えとるわ」
「これを取らんと、草に栄養とられるからな」
[PR]

by brompton_2006 | 2012-07-25 12:41 |