カテゴリ:二十四節季( 2 )

2010年 04月 20日
穀雨
f0217886_6131513.jpg

今日は穀雨

穀雨とは稲や麦などの穀物の生長を助ける雨のことで、その雨の降る頃が穀雨の時期です。
この頃の雨は穀物だけでなく、あらゆる植物の生長を助けます。
山野は穀雨の恵みによって緑のカーペットに覆われます。

もともとは、秋に種をまいた麦類の生長を助ける雨のことで、
麦は穂が出て実を着けるようになります。のちに稲にも適用されるようになりました。

穀雨の節気の終り頃、八十八夜(5月2日)となります。立春から数えて88日目のことです。

この頃、多くの地方で霜が降らなくなります。「八十八夜の別れ霜」とはそのことを指します。

しかし、時としてこの頃に遅霜(おそじも)が降りて農作物に被害を与えることがあります。
これを「八十八夜の毒霜」といいます。油断大敵です。
八十八夜の頃から茶摘みが始まり、香りの良い新茶が私達の味覚を楽しませてくれます。

<HP・NPO PLANT A TREE PLANT LOVE http://www.plantatree.gr.jp/より>

♪なつもちーかづく、八十八夜・・・♪って歌っていたなぁ。
    
[PR]

by brompton_2006 | 2010-04-20 06:13 | 二十四節季
2010年 03月 06日
啓蟄
f0217886_8273723.jpg

f0217886_8275360.jpg


今日3月6日は啓蟄
虫たちが眠りから覚める頃

1週間ぶりの散歩
菜の花やオオイヌノフグリでは
ヒラタアブやテントウムシを見た
[PR]

by brompton_2006 | 2010-03-06 08:02 | 二十四節季